流体力学でビル風対策

未来ロボティクス学科では流体力学も勉強します.

高層ビルである2号館は,いつも強いビル風が吹いています.これ以上傘を犠牲にしないように,太田研の伊藤さんに植林したら風が収まるか,流体解析してもらいました.

左: 樹のない場合.中: 現状.右: 2号館と同じ高さ(100m)のセコイア杉(高すぎいや高杉)を植えた場合.
上から見たところ各絵の左上にあるのが2号館です

・・・あんまり変わらないような気がします.これからも傘は折れ続けるということで,気をつけていきたいと思います.

でも植えてみますか,セコイア杉.(間隔狭すぎ..)

ところで,なぜロボットの学科で流体力学を勉強するかというと,こういうロボットを作るかもしれないからです.

作: 菊池研究室の松本さん

ということで,人工知能から流体力学まで幅広く学べる未来ロボティクス学科をよろしくお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です